システムマイグレーションとは

システムマイグレーションの意味は大きく分けて2つの意味があると言われています。

1つは古いシステムを今風のシステムに更新すること、もう1つはサーバなどの物理的なシステムをクラウドなどの仮想システムへ変換することです。システムマイグレーションによって最新システムに更新する利点は、使い勝手とコストダウンです。古いシステムはどうしてもハードウエアが大げさな物になってしまっていたり、無駄なシステムリソースが使われていることが多いようです。

最新のハードウエアにすることでより効率的な利用が可能となり、トータルコスト削減が成し遂げられると考えられています。また、システムマイグレーションにおいては古いハードをクラウドへ移行させることも積極的に検討されます。物理的なハードウエアはセキュリティ的には強いと言われていますが、クラウドにおいても各種セキュリティが開発されており、業務アプリケーションをクラウドに移行しても安心して利用できる環境づくりが行なわれています。また、VPNなどの接続機器も改良、低価格化が進んでおり、安心してクラウドと社内を繋げられる道筋もできています。

接続方法などを検討するとどうしてもインターネットを利用することがセキュリティ上難しいと考えられていましたが、暗号化とVPNをうまく組み合わせてシステムを作成している企業も多くなっています。システムマイグレーションではさまざまな企業に向けてトータルでコストを削減する方法を提案します。

Leave a Reply

Required fields are marked*