dbマイグレーションの実際

dbマイグレーションはデータベースのさまざまな箇所の最適化を行います。

dbマイグレーションにおいて特に重要なのがテーブル定義です。

すでに利用が進んでいるデータベースでは列の追加が随時行われれていますが、それを行う際にはテーブル全体に影響を及ぼさないようにテーブルに単純に列を追加することが多いようです。
しかし、このような行為はデータベースの効率を下げることが多く、dbマイグレーションではテーブルの定義を修正し、列の削除や新たなテーブルの追加などが行われることになります。
dbマイグレーションでは最適化の際、新規のテーブルを定義してダミーデータや本番データのコピーを導入してアプリケーションとの連携をチェックすることになります。

テーブル修正はアプリケーション側での作業が必須ですので本番データで行うわけにはいかないからです。
アプリケーション側での修正はロジックの修正となるケースも多いので慎重に作業が行われますが、業務を邪魔しないように別テーブルで行われるのです。
場合によっては新規にデータベースを立てて作業が行われるケースも多くあります。

dbマイグレーションではいきなり多くの変更が行われるケースが多いです。

これはテーブル間の連結など効率を上げるためには全体を把握し、すべてを一度に変更する必要があるからと言われています。

そのため、ツールによっては段階的にテストを行える仕組みを提供することも多くなっています。

Leave a Reply

Required fields are marked*