事例が多いオープン系へのシステムマイグレーション

コンピューター技術が特殊だったころは、業務用システムの開発販売に関わる企業は限られていました。

しかしその後、システム開発の市場が大きくなるにつれて、多くの企業が参入するようになります。その結果、一つの大手企業が開発販売する大型コンピューターシステムよりも、多数の企業が仕様を共有するオープン系のシステムへと、次第に注目が集まるようになります。従来のメインフレームの業務システムから、オープン系へのシステムに対して、マイグレーションの作業を行う事も可能です。ビジネスの業界では、すでに移行のニーズが多くあり、システムマイグレーションのノウハウが蓄積されています。

そのため、前歴をもつオープン系のシステムマイグレーションを得意とする支援会社を、利用した方が確実です。そのような会社ならば、メインフレームの仕様について多くの情報を持ち、またオープン系の業務システムへの移行にも、有効なツールを保有しています。これまでに行ってきたシステムマイグレーションの手法を流用できるならば、移行のためのコストも大幅に削減が可能です。他の企業がどのようにメインフレームからオープン系のシステムに移行できたかについて、リサーチすることも役立ちます。

過去のマイグレーションの事例から学ぶべきことは多数あります。特に、同様のメインフレーム機器を使用してきた企業のシシステムマイグレーションの例は、これから新しいシステムへの移行を考える企業にとって、参考になるデータです。

Leave a Reply

Required fields are marked*