ここにしかないOLのサイト http://weedrc.org My WordPress Blog Tue, 07 Feb 2017 07:51:18 +0000 en-US hourly 1 https://wordpress.org/?v=4.7.3 マイグレーションサービスの費用比較は慎重 http://weedrc.org/?p=22 http://weedrc.org/?p=22#respond Tue, 07 Feb 2017 07:51:18 +0000 http://weedrc.org/?p=22 これからマイグレーションサービスを利用する場合には、費用の比較は必要不可欠です。

多くの業者がマイグレーションサービスを実施しているのですが、支払わないといけない費用が業者によって全然違ってきます。

そこで依頼する前に見積を提示してもらって、どのくらいの費用でマイグレーションサービスを利用する事ができるのか判断する事がほとんどです。

業者は分かりやすい見積を提示してくれるので、どのような部分で費用が発生しているのか細かく把握する事もできます。

ここで即決で業者を選択してしまうのではなく、納得できる費用で利用できるマイグレーションサービスを選択する事が重要です。

あまりにも高額だった場合には、見積の時点で断る事も可能です。格安費用で利用する事ができる場合でも、納得できるマイグレーションサービスをしてもらえるのか判断していかないといけないです。
費用に関しては思っている以上に簡単に行う事ができます。

そこで複数の業者に見積を実施してもらって、少しでも安い業者を選択する事が一般的には多くなっています。
見積に関しては無料で実施してもらえる事がほとんどなので、気軽に依頼する事もできます。

また見積を提示してもらったからと言って、断る事ができないという事はありません。

納得できる金額を提示してくれた業者を選択する事によって、お金の節約も行う事ができますし、目的の移行もスムーズに実施してもらう事ができるのでお勧めです。

]]>
http://weedrc.org/?feed=rss2&p=22 0
dbマイグレーションの実際 http://weedrc.org/?p=18 http://weedrc.org/?p=18#respond Tue, 07 Feb 2017 07:49:55 +0000 http://weedrc.org/?p=18 dbマイグレーションはデータベースのさまざまな箇所の最適化を行います。

dbマイグレーションにおいて特に重要なのがテーブル定義です。

すでに利用が進んでいるデータベースでは列の追加が随時行われれていますが、それを行う際にはテーブル全体に影響を及ぼさないようにテーブルに単純に列を追加することが多いようです。
しかし、このような行為はデータベースの効率を下げることが多く、dbマイグレーションではテーブルの定義を修正し、列の削除や新たなテーブルの追加などが行われることになります。
dbマイグレーションでは最適化の際、新規のテーブルを定義してダミーデータや本番データのコピーを導入してアプリケーションとの連携をチェックすることになります。

テーブル修正はアプリケーション側での作業が必須ですので本番データで行うわけにはいかないからです。
アプリケーション側での修正はロジックの修正となるケースも多いので慎重に作業が行われますが、業務を邪魔しないように別テーブルで行われるのです。
場合によっては新規にデータベースを立てて作業が行われるケースも多くあります。

dbマイグレーションではいきなり多くの変更が行われるケースが多いです。

これはテーブル間の連結など効率を上げるためには全体を把握し、すべてを一度に変更する必要があるからと言われています。

そのため、ツールによっては段階的にテストを行える仕組みを提供することも多くなっています。

]]>
http://weedrc.org/?feed=rss2&p=18 0
dbマイグレーションとは http://weedrc.org/?p=15 http://weedrc.org/?p=15#respond Tue, 07 Feb 2017 07:48:37 +0000 http://weedrc.org/?p=15 dbマイグレーションはデータベースを最適化する、もしくは新しいデータベースへ移行することを意味します。

dbマイグレーションは各種ツールが開発されており、無料で使えるタイプから有料でサポート付きまでさまざまです。

dbマイグレーションにおいて最適化とはテーブルとスキーマの最適化を意味することが多いです。
テーブルやスキーマは長年の利用によっては列定義等がおかしくなっていたり、効率の悪い設定が行われているケースが多いです。

dbマイグレーションではそのような定義を修正し、データベースの最適化を行います。

その際、現データベースへの影響を抑えるために新規にテーブルを作成するケースが多く、アプリケーション側との連携が取りやすい仕組みが提供されます。

また、テストにおいても自動化ツールが提供されるので人間の手間は最小限になるように工夫されています。
マイグレーションについての総合情報ポータルサイトです。

新規のデータベースへの移行については主にテーブル定義が問題となります。

でーたべーすによっては独自のテーブル定義を持つ場合も多く、新しいデータベースで表現できないテーブルが存在することがあります。

その場合は新しいデータベースで利用できる形式へコンバートすることになりますが、コンバートツールも同梱されていることが多く、テーブル定義を出来る限り修正することなく新規データベースに移行できることが多いです。
ただし、データベースの効率的な利用については対応するツールがわかれていることが多いので注意する必要があります。

]]>
http://weedrc.org/?feed=rss2&p=15 0
事例が多いオープン系へのシステムマイグレーション http://weedrc.org/?p=11 http://weedrc.org/?p=11#respond Tue, 07 Feb 2017 07:46:26 +0000 http://weedrc.org/?p=11 コンピューター技術が特殊だったころは、業務用システムの開発販売に関わる企業は限られていました。

しかしその後、システム開発の市場が大きくなるにつれて、多くの企業が参入するようになります。その結果、一つの大手企業が開発販売する大型コンピューターシステムよりも、多数の企業が仕様を共有するオープン系のシステムへと、次第に注目が集まるようになります。従来のメインフレームの業務システムから、オープン系へのシステムに対して、マイグレーションの作業を行う事も可能です。ビジネスの業界では、すでに移行のニーズが多くあり、システムマイグレーションのノウハウが蓄積されています。

そのため、前歴をもつオープン系のシステムマイグレーションを得意とする支援会社を、利用した方が確実です。そのような会社ならば、メインフレームの仕様について多くの情報を持ち、またオープン系の業務システムへの移行にも、有効なツールを保有しています。これまでに行ってきたシステムマイグレーションの手法を流用できるならば、移行のためのコストも大幅に削減が可能です。他の企業がどのようにメインフレームからオープン系のシステムに移行できたかについて、リサーチすることも役立ちます。

過去のマイグレーションの事例から学ぶべきことは多数あります。特に、同様のメインフレーム機器を使用してきた企業のシシステムマイグレーションの例は、これから新しいシステムへの移行を考える企業にとって、参考になるデータです。

]]>
http://weedrc.org/?feed=rss2&p=11 0
システムマイグレーションとは http://weedrc.org/?p=8 http://weedrc.org/?p=8#respond Tue, 07 Feb 2017 07:44:28 +0000 http://weedrc.org/?p=8 システムマイグレーションの意味は大きく分けて2つの意味があると言われています。

1つは古いシステムを今風のシステムに更新すること、もう1つはサーバなどの物理的なシステムをクラウドなどの仮想システムへ変換することです。システムマイグレーションによって最新システムに更新する利点は、使い勝手とコストダウンです。古いシステムはどうしてもハードウエアが大げさな物になってしまっていたり、無駄なシステムリソースが使われていることが多いようです。

最新のハードウエアにすることでより効率的な利用が可能となり、トータルコスト削減が成し遂げられると考えられています。また、システムマイグレーションにおいては古いハードをクラウドへ移行させることも積極的に検討されます。物理的なハードウエアはセキュリティ的には強いと言われていますが、クラウドにおいても各種セキュリティが開発されており、業務アプリケーションをクラウドに移行しても安心して利用できる環境づくりが行なわれています。また、VPNなどの接続機器も改良、低価格化が進んでおり、安心してクラウドと社内を繋げられる道筋もできています。

接続方法などを検討するとどうしてもインターネットを利用することがセキュリティ上難しいと考えられていましたが、暗号化とVPNをうまく組み合わせてシステムを作成している企業も多くなっています。システムマイグレーションではさまざまな企業に向けてトータルでコストを削減する方法を提案します。

]]>
http://weedrc.org/?feed=rss2&p=8 0
企業を活性化するマイグレーションサービス http://weedrc.org/?p=5 http://weedrc.org/?p=5#respond Tue, 07 Feb 2017 07:40:58 +0000 http://weedrc.org/?p=5 企業で使われているシステムは、ソフトウェアやハードウェアが年々新しくなっていく一方で、徐々に機能的な古さを見せることになります。

パフォーマンスが悪くなって使いづらいと感じるようになったら、そのまま使い続けるよりも新しいシステムへと移行したほうが業務効率も向上します。移行には費用や手間がかかりますが、古いシステムにこだわるのではなく積極的に新しいシステムを取り込んでいくのが得策です。ただしシステムの移行を行う際には、稼働状況の確認やハードウェアの対応など確認すべき点もたくさんあります。テストなどを行わずに移行してしまうと全く動かないといったトラブルに陥ることも多いため、確かな技術を持ったマイグレーションサービスを活用するのがベストです。

現在使われているシステムを精査し、新しい環境へ移行するための確実なサポートを提供してくれます。マイグレーションサービスでは、初めに現システムの分析を行います。ここでは適切なシステムの移行方法を調べるだけでなく、パフォーマンスの良くない箇所を見極め、代替案なども提示してくれます。

最近では維持費を抑えることのできるオープンシステムへの移行も検討されます。社内の人材を考えた、使用言語の変更もマイグレーションサービスでは対応しています。古くから使われてきた言語について、扱える人材を確保するのは難しい状況となっています。現在主流になっている言語に変更することで、開発効率を上げると同時に人材も確保しやすくなることが期待できます。

]]>
http://weedrc.org/?feed=rss2&p=5 0